*

知っておきたい看護師の知識

憧れの看護師になる方法。国家試験に合格する必要あり!

ad03

 

看護職になるためには、国家試験に合格するなど、資格を取得しなければいけません。看護職になるためにはどのような方法があるのでしょうか?

 

看護師・准看護師になる方法

看護師になるには、大学または3年以上の教育を受けて、看護師国家試験に合格しなければいけません。

中学を卒業後に看護師を目指すなら、中学校を卒業したら5年一貫看護師養成課程校で学んで、看護師国家試験を受ける方法があります。一般的には高校時に将来の進路を決めることが多いので、高校卒業後に看護師を目指すなら、看護大学で4年間学ぶか、看護短期大学または看護師養成所で3年間学んで、看護師国家試験を受けて看護師になる方法があります。

准看護師になるためには、中学または高校を卒業し、准看護師学校で2年間学んで資格試験を受ける方法があります。このほか中学卒業後に高等学校衛生看護課に3年通い、試験を受けるというコースもあります。ただし定時制に通う場合は3年ではなく、4年の通学が必要です。

 

保健師・助産師になるには

保健師になるためには一定の教育を1年以上受ける必要があり、看護師国家試験に合格していることが大前提となります。

保健師になるためには看護系の大学院で2年学ぶ、看護大学で必要な課程を学ぶ、看護短期大学の専攻科または保健師養成所で1年学ぶといった方法があります。その後、保健師国家試験に合格すると、保健師になることができます。

 

助産師になる場合も、まず看護師国家試験に合格しなければいけません。助産師になるためには、助産専門学校で学ぶ、大学院で学ぶ、大学や短期大学で助産課程の必要な単位を取得するといった方法があります。

大学で看護師になる勉強をしながら、助産課程も受けて看護師の国家資格と助産師の国家資格を目指す人が多いのですが、いったん看護師の資格を取得して社会人になったあと、もう一度大学院や専門学校に入学し、改めて助産師になるための勉強をする人もいます。

-知っておきたい看護師の知識