*

知っておきたい看護師の知識

看護師の職場・産婦人科のメリットとデメリットは?

産婦人科のメリット・デメリット特集

 

ad04

命の誕生に関われる職場として人気の産婦人科。看護師はどのような業務に携わるのでしょうか?

 

産婦人科での看護師の仕事内容

産婦人科では妊娠や出産のほか、月経不順や不妊症、子宮筋腫など女性特有の病気の治療を行います。

産婦人科での看護師の業務はさまざまですが、主に血液検査や尿検査、血圧測定といった検査関係の仕事、妊産婦の体調管理やお母さんになった患者さんへのケア、赤ちゃんの沐浴やおむつ交換、分娩時の医師や助産婦のサポートなどを行います。

もちろん他の診療科と同様に、医師の診察の介助も看護師の業務です。

 

産婦人科は妊娠と出産に対応するので、妊産婦のケアと新生児の世話が基本的な仕事となります。

お産は病気ではありませんが、子どもを産むことは女性にとって、非常に重要な事柄です。

無事に出産できる不安を感じている人が大半ですから、精神的なケアも含めた温かい看護が求められます。

 

産婦人科と婦人科、どう違うの?

婦人科系の病院には、産婦人科や婦人科といった名称があります。どう違うのでしょうか。

 

産婦人科は妊娠と出産、女性特有の病気の両方を診療します。

一方、婦人科はお産には対応しておらず、女性特有の病気の治療のみを行います

。逆に妊娠と出産だけを扱う場合は、産科と呼ばれています。最近では不妊症の治療だけに特化したクリニックも増えてきました。

 

看護師が産婦人科での仕事を希望する場合、赤ちゃんの誕生に立ち会いたいという理由を挙げる人が少なくありません。

このような場合は産科か、産婦人科を選びましょう。ただ産婦人科のなかには出産前の検診や、産後のケアだけを行い、分娩は他の病院に任せているところあります。

赤ちゃんの出産にかかわりたいなら、分娩を行っている病院を選ぶことがポイントとなります。

 

本格的に分娩にかかわるために、助産師の資格を取得する看護師もいます。

看護師免許があれば、助産師養成所で1年学ぶか、看護系の大学院で2年学んだ後に助産師国家試験に合格すれば助産師の資格が取得できます。

学校に通っている間は仕事を休む必要があるのでハードルは高いですが、チャレンジする価値はありますよ。

-知っておきたい看護師の知識