*

知っておきたい看護師の知識

看護師の職場・消化器内科のメリット・デメリットは何?

消化器内科のメリット・デメリットいろいろ。

ad05

人は生きていくために、食事からエネルギーを摂取します。しかし消化器の病気にかかる患者さんは多く、需要の高い消化器外科。看護師はどのような仕事をするのでしょうか?

 

消化器外科の仕事内容

消化器外科は食べたものを消化し、栄養として体内に吸収し、不要な残りカスを排泄するに至るまでの全ての消化器の病気を扱います。

主な疾患は食道がんや胃がん、大腸がんなど、がんに関わるものが多く、このほかにも炎症性腸疾患、腸閉塞、胆石症、膵炎、脾機能亢進症などがあります。

 

消化器外科で働く看護師の仕事は、病棟勤務の場合は患者さんの清拭や排泄の介助など生活のお世話、体温や血圧の測定などのバイタルチェック、がん患者さんの化学療法、ストーマ交換、疼痛の緩和、手術室での業務などです。

外来勤務の場合は薬の説明や服薬指導、注射、採血などの検査、医師の診察の補助などを行います。

消化器外科で働くメリットとデメリット

消化器外科は取り扱う疾患が非常に多いため、幅広い臨床知識が得られるのが最大のメリットです。

急性期から慢性期、終末期まで、すべての状態の患者さんの看護ができるので看護師に必要なあるゆるスキルが身につきます。また、がん患者さんを多数扱うため、最新のがん治療について学ぶ機会が多いのもメリットです。

消化器外科を経験した看護師は、ほかの診療科に移っても、即戦力として働けるだけの能力が身につくほど、学ぶことの多い診療科です。このためスキル向上に意欲的な看護師が多く、がん看護専門看護師などの資格取得を目指している人が少なくありません。やる気のある人たちとチームを組んで、バリバリ働けるのも魅力です。

 

しかし取り扱う疾患が多いということは、患者さんも多いということです。消化器外科は診療科のなかでも特に忙しいといわれており、職場環境はハードです。

このような忙しい環境のなか、最先端医療についていくためには、勉強が欠かせません。仕事の後に勉強会が行われたり、休日に研修会に出席したりなど、プライベートの時間が少ないのもデメリットといえます。

 

-知っておきたい看護師の知識