*

知っておきたい看護師の知識

血液内科のメリット・デメリット~看護師の職場~

血液内科とは?

 

mega002

 

血液内科は、白血病や悪性リンパ腫、貧血など血液の病気に対応する診療科です。難病やがんの患者さんが多く、非常に専門性の高い診療科であるため、大学病院や大きな総合病院などにしか開設されていません。

 

血液内科での看護師の仕事

血液内科での看護師の主な仕事は、患者さんやご家族に検査や治療について説明すること、医師が行う治療の介助、入院患者さんのお世話や精神的ケアなどです。

 

血液内科では化学療法が行われることが多く、患者さんは副作用に悩まされます。治療で苦しい思いをする患者さんへの心身のケアは、看護師の大切な仕事です。また、血液内科ならではの治療に骨髄移植があります。骨髄移植の患者さんは、無菌室で過ごします。

患者さんは抵抗力が著しく衰えていますから、看護師は患者さんを感染症から守るという使命があります。患者さんの全身管理を行って、しっかりと看護する必要があります。

 

血液内科で働くメリットとデメリット

血液内科で働くメリットは、職場環境が整っていることです。血液内科は大きな病院にしかありません。

公立病院や大学病院が開設している場合が多く、これらの病院では職場環境の改善に積極的に取り組んでいます。このため小規模な病院やクリニックよりも、働きやすいというメリットがあります。

 

また、血液内科の患者さんは長期間の入院を余儀なくされる人も多く、一人ひとりの患者さんと長くお付き合いできるというメリットもあります。

患者さんはつらい化学療法に耐えている人が多く、看護師は精神的なケアも行わなければいけません。コミュニケーションを取りながら、どうすれば患者さんのQOLを高められるかを考えたり、病変を見逃さないために常に患者さんに注意を払ったりすることで、看護師に必要とされるコミュニケーション能力や、観察力が高まります。

 

デメリットは、精神的な負担が大きいことです。

多くの患者さんが重篤な症状を抱えていますから完治が難しく、たとえ治ったとしても再発のリスクがあります。長期の入院や入退院の繰り返しなどで、患者さんは精神状態が不安定です。看護師は常に患者さんの心に寄り添ったケアをしなければいけません。

-知っておきたい看護師の知識