*

知っておきたい看護師の知識

小児科ってどんな職場?~看護師が知っておきたい小児科事情。

mega003

 

小児外科と聞くと、子どもの怪我をした場合に治療を行う印象がありますが、呼吸器、消化器、泌尿器など、さまざまな部位の病気の手術を行います。主に0歳から15歳までの子どもの病気を扱う診療科です。

 

小児外科での看護師の仕事

小児外科での看護師の主な仕事は、医師の診療の介助、子どもへの精神的なケア、入院している子どもの看護、感染症の予防などです。

 

子どもにとって、入院して手術をするということは大きな不安です。子どもたちが少しでもリラックスできるよう精神的なケアを行い、治療や手術を受けやすくすることが小児外科の看護師の、大切な業務となります。

小さな子どもの場合、療養のための絶食や安静の重要性が理解できません。看護師は子どもが安全に過ごせるよう、食事の管理、安静にできるようにそばについていてあげるなど、子どもの心理を考えて、適切な対応をする必要があります。また、わが子を心配する親御さんに対する精神的なケアも、看護師の役割となります。

 

小児外科で働くメリットとデメリット

まず小児外科で働くメリットですが、子どもと常に接していられることです。子どもが好きな人にとっては、たまらなく魅力的な職場ではないでしょうか。子どもは免疫力が低く弱々しい面もありますが、その反面、日々成長していき、回復力が高いのが特徴です。強い生命力で、日に日に元気になっていく様子を見るのは医療従事者にとって何よりの喜びです。

看護師スキルが磨かれるのもメリットです。子どもへの注射や点滴は、大人にするよりも難しいため、医療的なスキルが身につきます。また対応する病気が幅広いので、さまざまな疾患に対する知識も得られます。

 

小児科で働くデメリットは、親御さんなど家族への対応が難しいことです。わが子が手術を受けるのですから、動揺しない親はいません。とてもナーバスになって、ささいなことに文句を言ったり、無理な要望をしたりなど、不安な感情を看護師にぶつけてくる人もいるため、家族への対応がストレスになることが多い職場です。

-知っておきたい看護師の知識